風化貝カルシウムの放射能検査結果につきまして

北海道黒八雲町黒松内断層で採掘された原料のカルシウムを検査しておりますが、
セシウム137、134、ヨウ素131の検査結果は「検出せず」で食品として問題ない様です。

依頼先の検査機関ではストロンチウムやプルトニウム等の核種の検査は行っていないませんが
これらの核種はセシウム137、134、ヨウ素より少ないため大丈夫と判断されているようです。

また 貝、珊瑚などには「天然のストロンチウム(88Sr)」が含まれていますが
安定同位体でCa、Mgなど同じ金属類の元素で放射性はありません。
天然のストロンチウムが含まれていますと 人工の放射性ストロンチウム90は入りにくいと考えられます。