ミネラルとカルシウム不足

人体の生命維持には、体内の化学反応のためにもミネラルが非常です。
近年の野菜に含まれるミネラル量の不足が健康に大きな影響を与えています。
カルシウム不足も問題だと考えられます。

成人で一日当たりの必要カルシウム量は600〜700mgとされていますが、現代日本の1日平均は530mg程度のようで、毎日100mg前後のカルシウム不足になっているそうです。
最近の食生活では、じゃこ、しらす等の小魚の収穫不足や野菜・果物のカルシウム不足などが原因と考えられます。
また カルシウム製剤 をとっていても、それが骨に届いていない、逆に自分の骨のカルシウムを溶かしてしまうという「カルシウムパラドックス」現象も問題となっているそうです。

しかも、溶けた自骨のカルシウムが、細胞や血管の内壁に付着して 「動脈硬化」 の一因となっているという報告があります。
「骨粗鬆症」にも拘らず、カルシウム製剤をあまり投与されないのも、このような理由も考慮されてのことだそうです。
ソマチット入り貝カルシウムを6カ月、1年と食べ続けることで「骨粗鬆症」だけでなく 「動脈硬化」 の人の健康を改善させているようです。