骨粗鬆症とソマチット、現代の治療

骨粗鬆症とソマチット

古代ソマチットを食すると結果的にであれ骨粗鬆症の健康に良い効果が期待されると考えられています。
ガストンネサン医師の論文によると、ソマチットは集団で血流に乗って全身を廻っていますが、骨・内臓・肺・肝臓などそれぞれの器官を専門に受け持っているようである。
と書かれています。
カミオニシキ貝化石の古代ソマチットは骨の形成・修復を専門とするソマチットであると推論されています。
骨の密度が増える。歪んだ骨が正常な形に戻ることが期待できるのでしょうか。
現代人の背骨は多かれ少なかれ歪んでいることが多いのですが、その歪み・中心線のずれ・すり減った軟骨が元に戻るのでしょうか。
骨が変形すると、変形部が脊髄神経を圧迫して、信号のやりとりを阻害します。
神経の圧迫により、脳からの信号が神経の先に繋がっている臓器や各器官に正常に伝わらなくなることで変調をきたしてしまいます。
骨の歪みが正常に戻ることで、結果として、膝、腰痛、ヘルニア、その他にも骨と無関係と思える多くの症状までも改善されているという報告がなされているそうです。


●骨の健康 〜骨そしょう症とその治療について

丈夫な骨は、骨の「量と質」が適正な状態にあります。
成人・更年期以降、加齢とともに多くなる骨粗しょう症に対する現代の治療方法の概要を示しています。 (参考)NHK-TV放送

1.骨折の発生率 (約)


  骨密度 (g/cm3)  人口千人当たり
40歳  0.85 3人
50歳 0.73 8人
60歳  0.64 21人
70歳 0.50 48人
10歳ごとに2倍以上に増加しています。

2.加齢に伴う骨質の変化

微細構造の変化骨の成分が劣化するビタミンKなどが不足します

3.骨量の測定
DXA法 (骨密度検査)

4.骨粗しょう症の検査

骨代謝マーカー(血液、尿検査)は、破骨細胞と骨芽細胞のバランスを検査するものですが、基準値より高ければ、

骨質が低下し骨折の危険性が高まり、骨量の減少が大きいことを示します。

5.骨粗しょう症の診断

若年成人平均値YAM(%)
若年 (20〜44歳)の平均骨量を100%として、

80%以上          健康

70%〜80% 骨折なし  健康

70%〜80% 骨折あり  骨粗しょう症

70%以下           骨粗しょう症

6.治療が必要な人


骨粗しょう症の人はYAM70%〜80%で以下のいずれかに当てはまる人になります。

(跳亳紊僚性
■毅虻个涼棒で、足の付け根の骨折の家族歴のある人
5扮譴垢訖
ぐ酒を1日2合の人

7.骨粗しょう症の主な薬

 (総合評価A)

 ビスホスホネート製剤
 アレンドロネート
 リセドロネート

 (効果)骨折の予防
 骨量を増加させる
 骨質を高める
 痛みを和らげる

 (副作用)
 食道・胃・腸の障害
 あごの骨の壊死

 (総合評価A)

 塩酸ラロキシフェン(SERM)

 (効果)
 骨折の予防
 骨量を増加させる
 骨質を高める

 (副作用)
 更年期の症状を悪化させる
 深部静脈血栓症になる