三井式温熱治療器2型{DVDセルフケア講習書付}
型番 mitui-onnetu
定価 82,080円(本体76,000円、税6,080円)
販売価格

82,080円(本体76,000円、税6,080円)

購入数

三井式温熱治療器(MI-02)

三井温熱治療器II型はご家庭で手軽にご使用できる家庭用温熱治療器です。

この治療器を使い 部分温熱、全身温熱療法 により、適所適量の熱を患部及び全身的に皮膚を通じて熱を入れることで治療していきます。
身体の「冷え」「こり」「痛み」などのある皮膚のポイントに「温熱器」で温度を調整しながら注熱していきます。
身体のより深い部分(骨の辺り)まで熱が伝わると「熱い反応=アチチ反応」があります。

「疲労回復」「血行改善」「筋肉の疲労回復」「筋肉の凝りを解す(ほぐす)」「神経痛、筋肉痛の痛みの緩解」などが認められています。

<ご使用方法>
・背骨や後頭部 首に沿っての「基礎注熱」及び各部「局所注熱」を行ってください
・仙骨への注熱など
・慣れるまでは低温から初めてください。
・特に患部は熱さを感じますが多めに注熱してください。
・背中、首、腹部、腰、手足、後頭部などにあてます。
温熱器は1時間で切れますが、眠気がありウトウトする場合は低温に設定してください。

(補足)
該当箇所(患部)のみ当てるよりも{基礎治療}→{該当箇所}の順に行なう方が効果が高くなります。
基礎治療を行う箇所は基礎治療の1は背中、基礎治療の2は腹部側を中心とした全身です。

・背中への注熱を行うことで全身へパワーが漲りますので、その後患部への注熱を行います。
脳神経、自律神経は背骨に沿って通っていて、体内各臓器に繋がっているため、ここへの注熱が重要です。

〈 リラックス効果実験 〉
三井温熱治療器で圧をかけ背部低温温熱マッサージを行った場合の前頭前野活動に及ぼす影響について 実験した結果、左前頭前野活動を沈静化させ、体を生理的にリラックスさせることが確認されました。

(千葉大学環境健康フィールド科学センターと三井温熱(株)との共同研究による)

※温熱部を「とめ揺らし(移動させないで少し圧を加え揺らす)」する方法もあります。

三井温熱ワルツ (三井と女子 作詞・作曲)

温熱治療は とっても熱い 熱い熱いと大暴れ
 みだれる裾を タオルでかくし なだめすかして 治療は終わる

温熱家族は 健康家族 健康家族は 幸せ家族
 みんなで大きく 手をとり合って 世界に幸せ 運ぼじゃないか

※DVD付、セルフケア講習書も同封いたします。
「注熱でガン・難病が治る」三井と女子著

安心の日本製なのでアフターサービスも確立(医療機器認証済)

<制御部 230g 発熱部 160g>

・温度は70℃~45℃の5段階調整機能付き
 1=45℃ 2=55℃ 3=60℃ 4=65℃ 5=70℃

・時間表示 (15分 30分 45分 60分)
 60分で自動的に電源がOFFになります

※使用上のご質問はお問い合わせください。

<会員登録後に会員価格が表示されます>
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける